ジュズダマ.jp

このページはジュズダマとハトムギの違いに関する情報と説明を掲載しています。
目次はホームにあります。
青枠の付いている画像は画像をクリックすると大きい画像を表示します。
【 ジュズダマとハトムギの違いについて 】
ジュズダマとハトムギは見分けがつかないほど似ていると言われていますが、よく観察してみると意外と違いがあります。
ハトムギは農耕の歴史と共に品種改良が繰り返されてきた穀物なのでジュズダマとは少し違いがある生態に変化しています。適正環境や栽培方法が多少異なります。
何処が違うのか、何故違うのか、どうして違いが生まれたのか等を観察・考察してみました。
まだ不明な点も多々ありますが、ジュズダマとハトムギの違いについて分析した結果を情報として掲載しています。

ハトムギの殻は指で押し潰せば割れる程度の硬さしかありませんが、ジュズダマの殻は非常に硬く素手で潰せるような硬さではありません。
ハトムギの殻は茶色や焦茶色といった色しかありませんが、ジュズダマの殻は白やクリーム、茶色、黒、灰色など様々で模様も多様です。
ハトムギの殻の形や大きさは品種に係わらず比較的そろっていますが、ジュズダマの殻は系統によって形や大きさにかなり違いがみられます。

ジュズダマの実は粘りが弱いうるち性、ハトムギの実は粘りが強い餅性です。

【 ジュズダマとハトムギの見分け方 】
ジュズダマの殻は表面に凹凸が無くツルツルしています。これに対してハトムギの殻は表面に縦筋の溝がいくつもあります。

ネット上では『ハトムギの花序は垂れ下がり、ジュズダマは上向きに付く』という引用をよく見かけますが、ジュズダマの雄花序も垂れ下がっており(雄花序が上向きの系統もあります ※1 )この引用は正しくありません。
正しくは花序ではなく殻(苞葉鞘)の向きの事であり『ハトムギの殻(苞葉鞘)は垂れ下がって結実し、ジュズダマは上向きで結実する』が正しい形態です。

引用が繰り返されていくうちに伝言ゲームのように解釈が変化してしまったのでしょう。
【 参考文献 】
 日本の野生植物検索表 http://syokubutukensaku.o.oo7.jp/ineka33.html ジュズダマ属

ただハトムギも殻が上向きで結実する品種を見た事がありますので結実する向きだけでジュズダマかハトムギかを単純に判断できる訳ではないようです。

※1 : ジュズダマには雄花序の長い系統と短い系統があり、雄花序の長い系統は垂れ下がっていますが短い系統は上向きのもあります。

ジュズダマの雌しべは白が通常です。たまに赤色や紫色の雌しべの系統がありますが、これはジュズダマとハトムギとの交雑種です。また硬くなる前の殻に赤色や紫色がかったものがありますが、これも交雑種にみられる特徴です。


【 ジュズダマとハトムギの生態の違いとその理由の考察 】
発生する病害虫は基本的には同じとみられますが、ジュズダマとハトムギとでは同じ病気でも耐性に違いがみられます。
これはハトムギが品種改良が繰り返されてきた事と関係しているとみられます。

ジュズダマが多年草なのに対してハトムギは一年草です。
これはハトムギは毎年種子からの栽培を繰り返して越冬株を栽培しなかった為に越冬する能力が必要とされなくなり越冬能力が退化して一年草に変化したものと考えられます。

ジュズダマは作られた養分が実だけではなく越冬する為に根にも蓄えられていきます。
それに対してハトムギは収量を増やす改良が続けられた為に作られた養分が根に配分されてきた分まで実に集約されるようになってしまい、この事も越冬能力の退化を加速させた一因だと考えられます。
実はハトムギも凍結しなければ越冬はできるのですが、春になって芽が出てもほとんど生長できません。これは根に養分が蓄えられていない為で、根に養分を蓄える能力が無いのです。

ハトムギはジュズダマとは違い自然には生えていません。畑で栽培したハトムギの実を全く取りこぼさずに収穫しているとは考え難いのでやはり殻の固さが自然での生存を分けていると考えられます。
ハトムギくらい殻が柔らかいとネズミや昆虫、鳥などに食べられてしまい発芽するまで生き残れないのだと思われます。
ジュズダマの殻の固さには実を守る為の絶大な効果があるという事なのでしょう。

後日、情報を追記します。
【 参考文献 】
 石田喜久男. 1981. ハトムギ -つくり方と利用法- 農山漁村文化協会
 日本の野生植物検索表 http://syokubutukensaku.o.oo7.jp/ineka33.html ジュズダマ属
 イー薬草・ドット・コム http://www.e-yakusou.com/sou02/soumm284.htm ジュズダマ


当サイトはまだ未完成の状態で掲載情報は継続的に追記更新しております。
新たな事実が判明した場合などに当サイトの情報を修正する場合がありますので当サイトの情報を利用・引用されます場合にはご注意下さい。
掲載内容に対するご指摘や掲載してほしい情報等があります方はお問い合せフォームからどうぞ。
© 2016-2019 広井孝一

https://ジュズダマ.jp/